バイアグラの効果

バイアグラの効果

バイアグラバイアグラは、1998年にアメリカにある製薬会社ファイザーで開発され、販売されたED治療薬です。世界最初のED治療薬としてNO.1の処方実績をもっています。バイアグラは世界中で人気のED治療薬です。バイアグラは、ED治療薬の世界シェアで50%も占める絶大な人気があり、高い効果が期待されています。

バイアグラの有効成分

バイアグラは有効成分としてクエン酸シルデナフィル(Sildenafilcitrate)を含有しています。この成分は、勃起を抑制する酵素の働きを阻止します。そして、陰茎周辺にある神経に作用して血管を拡張し、効率よく陰茎の血流を円滑にします。勃起不全は、勃起を抑制する酵素の作用によって起こるので、シルデナフィルの酵素の働きを阻止する作用が有効的に働きかけます。

もともとシルデナフィルは1990年代前半、狭心症の治療薬として研究・開発が始まり、第1相臨床試験において、狭心症への効果は僅かでありますが陰茎の勃起を促進する作用が認められ、これを適応症として発売される運びとなりました。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは水に溶けやすい性質を持っています。ですから、服用してから30分程度で成分が体に行き渡っていきます。バイアグラは勃起抑制酵素であるPDE5酵素を阻害することでcGMPの働きを活性化させ、血管を拡張させ勃起に導く効果があります。しかし、バイアグラを服用しても性的興奮がないと勃起しないため、媚薬や精力剤の類ではありません。服用後、30分~1時間ほどで効果を感じ始めます。

持続時間はおよそ4時間~8時間でシルデナフィルの含量によってことなります。初めて使用される方や高齢者などは、25㎎の含量が少ないものから服用し、効果をあまり感じられなかった場合に50㎎を使用してみてください。

バイアグラ

日本での認可は50㎎までですが、世界標準は100㎎まで認可されております。100㎎を購入する場合は個人輸入代理サイトにて購入することで服用をすることができます。そして、服用1時間後にもっとも高い効果を発揮します。よって、バイアグラを服用する場合には、性行為をする1時間前に服用しておきましょう。

バイアグラは、その絶大な効果に伴い、副作用の多いED治療薬でもあります。バイアグラを服用すると血管が拡張し、全身の血流が良くなります。勃起が誘発されるは、下半身に多くの血液が流れ込み陰茎が充血するためです。なお、全身の血行が良くなっているわけですから、当然ながら下半身以外の場所でも充血が起こります。バイアグラでは、こういった全身の充血により、副作用が生じる場合もあります。

バイアグラの副作用

バイアグラの副作用バイアグラの副作用には個人差がありますが、約2~3割程度の方に「顔のほてり」「目の充血」「鼻づまり」などが出る場合があります。これらの症状はバイアグラの血管拡張作用によるもので、お酒を飲んだ時に顔が熱くなり赤くなるのと同じようなものです。どれも一時的な症状ですのでご安心ください。

その他に「軽い頭痛」「軽い色覚変化」「軽い下痢」などがありますが、これらも一時的なものです。これらの症状は頭痛薬あるいは整腸剤と一緒に飲めば防げると思います。バイアグラと頭痛薬や整腸剤の併用は問題ありませんのでご安心ください。

バイアグラによる勃起には性的刺激が必要です。 バイアグラとNOを供与する亜硝酸剤(ニトログリセリン等)を併用するとcGMPが過剰に増加し、全身血管の弛緩(血圧下降) など重篤な有害作用の発生が予想されるので厳重な注意が必要です。

バイアグラはED治療薬として世界で初めて製品化され、アメリカで発売されました。厚生労働省から承認を取得している経口治療薬。勃起不全症(満足な性行為をおこなうためには十分な勃起を発現できない、あるいはその維持ができない状態)のペニスの勃起改善効果を示します。

すでに20年近くも世界で愛用されているバイアグラは認知度だけではなく、実績も兼ね備えたものとなっており、今でもなお愛用者が多いED治療薬となっております。そして、バイアグラと同様の効果がバイアグラジェネリックにも現れます。バイアグラジェネリックの有効成分シルデナフィルは、PDE-5酵素阻害薬と呼ばれる血管拡張剤です。

バイアグラのジェネリック医薬品

バイアグラジェネリック

バイアグラのジェネリック医薬品には、カマグラ、ハードオン、カベルタ、アスランス…というような種類があります。

バイアグラジェネリックには、いくつか特徴があるものがあります。この特徴によって、薬の飲みやすさなどが異なる場合があります。たとえばOD錠という剤形。OD錠は口に入ったときにラムネのようにすぐに溶けるタイプの薬で、水を使わなくても飲むことができます。なかには、レモン風味やコーヒー風味など味がついているものもあります。また、錠剤を半分に割りやすくするように割線が入っているものもあります。こうした特徴は、バイアグラジェネリックを選ぶ際のひとつのポイントとなります。

ジェネリック医薬品は後発医薬品となることから新薬の様に開発費や販売費を抑えることが出来る為に新薬と同じ有効成分、同じ効き目でありながら新薬よりも安価な価格で購入することが出来る医薬品のことです。

多くのジェネリックが誕生した主たる理由

①現在でもバイアグラは圧倒的な知名度と人気を誇っている点
②ジェネリック医薬品は開発コストがほとんどかからず、安価で販売する事が出来る点

これらの2つが挙げられます。

バイアグラ錠が青色でひし形の錠剤だったのに対して、ジェネリック薬の形状は丸い形からひし形、楕円形までメーカーごとに様々です。錠剤の色もバイアグラ錠を模した青色のもの、淡赤白色のもの、淡赤色のものがあります。バイアグラ錠に刻印されていた「VGR 25」の識別コードには、各メーカーの社名を省略した文字列が入ります。

バイアグラとジェネリック医薬品は同じ成分シルデナフィル錠を利用する時にどんなことを注意することをご存知ですか?以下のところを見てください。

●シルデナフィル錠の使用方法

シルデナフィル錠は、性行為の前に服用する内服薬です。性行為の約1時間前に飲んでください。
食後すぐに服用しますと効果が半減します。空腹時、または食後2時間空けて服用してください。
適度な飲酒は問題ありませんが、過度の飲酒や喫煙は勃起力を低下させますので注意してください。

バイアグラジェネリックは主成分はバイアグラと同じシルデナフィルなので、効果、副作用については、そこまで大きな差はございませんが、体の大きさ、身体的な特徴などの個人差により、若干の効果、副作用の違いの差は生じてきます。バイアグラは、約20年ほど前にアメリカで発売された医薬品の1つで、発売当初は「夢の薬」とも言われ、現在でも世界中で人気のED治療薬です。

バイアグラは他のED治療薬と比較して「勃起力としての効き目は1番強く」信頼出来るED治療薬なので、今もなお根強い人気の商品になっている理由です。

EDの改善に効果があるとされる実績のあるバイアグラの成分はシルデナフィルといい、ファイザーより25mg、50mg、100mgの3種類が製造販売されていますが、日本の医療機関では100mgの薬剤は発売されておらず、25mgと50mgの2種類となっています。

バイアグラとジェネリック医薬品ともに、メーカー正規品100%保証のみ取り扱っています。ご自身のご予算、お好み等にあわせて選択してください。