レビトラの効果と成分

レビトラの効果と成分

レビトラの効果レビトラはED治療薬として2番目に認可された勃起不全改善薬です。レビトラは、バイアグラの次に登場したED治療薬です。2003年にドイツのバイエル社から発売され、日本では2004年に正式認可されました。

レビトラ効果は、男性機能の勃起不全や勃起を持続できない方の治療を目的としたED治療薬です。 レビトラは外部からの性的な刺激および興奮により、男性器の自然な勃起を促し、持続力を保ちます。
レビトラ効果(10mg)持続時間は、空腹時に服用すれば最低5時間~6時間の効果がみられます。 現在日本で承認されているED治療薬で一番強力な勃起力を得られるのは、レビトラ20mgとなります。

レビトラの成分は簡単な解説しています、以下の表はちょっと見せてください。

バルデナフィル 勃起を助けるED治療薬です。陰茎の海綿体平滑筋の緊張をゆるめ血流をよくすることで、十分な勃起に導きます。
結晶セルロース 主に植物細胞の細胞壁や繊維の主成分。地球上で最も多く存在する、水や熱水に溶けない炭水化物。腸内細菌の働きを助けるために必要なものです。
ステアリン酸マグネシウム ステアリン酸とマグネシウムが結びついた物質。医薬品では錠剤製造時に滑沢剤として用いられています。
ヒプロメロース 「薬物との相互作用のない」「安定性に優れる」「非イオン性」といった特徴を備える、水溶性フィルムコーティング剤。
黄色三二酸化鉄 錠剤の色に使われている着色料です。酸化した鉄であるため、毒性はないといわれています。
三二酸化鉄 バナナやコンニャク使用される着色料です。酸化した鉄であるため、毒性はないといわれています。
酸化チタン 光電効果を持つ金属酸化物であり、顔料・着色料、光触媒、触媒担体や日焼け止めと、様々な用途で用いられています。
軽質無水ケイ酸 流動化剤です。これらは混合末や顆粒の流動性を改善する目的で使用されています。
クロスポピドン 爆発型崩壊剤、膨潤速度が速く、膨潤圧大。非晶質で球型粒子の為、流動性、圧縮性に優れています。
マクロゴール400 通常、いろいろな薬を軟膏や坐薬の形にするために使用されます。

以上はレビトラについての効果・成分を紹介しました。もし、お客様は興味がある方、こちらで購入してください。