レビトラの効果を100%発揮する飲み方

レビトラ

最初有名なED治療としてのバイアグラは恐らく皆さんご存知でしょう。現在、日本承認されているED治療薬はバイアグラ、レビトラやシアリスの3種類があると言われています。ここでは、レビトラの効果を100%発揮する飲み方を詳しくお話ししたいと思います。是非参考してください。

まずレビトラをご紹介させていただきます。レビトラはバイアグラの登場に続き二番目ED治療薬として注目されています。製造販売はアスピリンの開発で有名なドイツに本社を持つバイエル薬品という製薬会社です。レビトラは2004年に日本厚生労働省の承認を受けています。その後、2004年6月に[5mg]と[10mg]のレビトラの発売が開始され、[20mg]に関しては3年後の2007年7月に発売されました。

レビトラの効果が抜群なので、現在世界で、数多くの男性の方に利用されています。レビトラ(levitra)はフランス語の男性定冠詞“le”、ラテン語で男の生命を意味する“vitra”に由来しています。レビトラは水に溶けやすいことで即効性が特徴です。バイアグラより早く効き持続時間が長くなったためバイアグラの改良版と呼ばれています。

レビトラの効果を100%発揮する飲み方

レビトラの飲み方のポイント

性行為の1時間前に服用する

できるだけ空腹時に服用する

1日1回1錠(20mg)以下、服用間隔は24時間以上

水や白湯(ぬるいお湯)で飲む

性行為の1時間前に服用する

レビトラはベッドインの約1時間前に飲むのが理想です。1時間前の根拠はレビトラの薬効のピークが、服用してから45分~1時間後くらいだからです。ただし効果の現われ方は個人の体質や体調などにより、効き目には個人差があります。1時間前を目安としてご自分に合ったタイミングで飲みましょう。20mgだとかなり効き目が長い(最長で10時間)ため、早めに飲んでおくこともできるのでおすすめです。

できるだけ空腹時に服用する

レビトラは、食事の影響を受けないと言われています。レビトラに含まれる主成分バルデナフィルの吸収が早いため、バイアグラなどの他のED薬よりも食事の影響が受けにくいことは確かです。しかし、あまりないといっても全くないのではありません。ですので、レビトラは空腹時に服用することをおオススメします。空腹時に服用すれば、約20分ほどで効果が現れ始め、効き目も長持ちします。

食物NG

もしレビトラは食後に服用する場合、最低2時間ほど時間を空けて、胃の食物がきちんと消化されて後に服用することをおオススメします。そうすれば、満足する効果が得られると思います。食事の内容が標準的であれば空腹時と変わりなくED改善効果を発揮します。標準的な食事の基準は「エネルギーが700kcal未満かつ脂肪の割合が30%以下」です。この基準の範囲内であれば食後にレビトラを服用してもしっかりと効き目が現れます。

1日1回1錠(20mg)以下、服用間隔は24時間以上

レビトラを安全に服用するには、服用量にも注意しなければなりません。レビトラの服用は1日1回最大容量を20㎎までとし、次のED治療薬の服用まで24時間以上ようにしてください。国内で販売されているレビトラには、5mg、10mg、20mgがあります。多くの病院では10mgと20mgを取り扱っています。レビトラは即効性には優れます。作用持続時間は、レビトラ10mgで最低5時間、レビトラ20mgで10時間程の効き目が確認されております。レビトラは服用してからおおよそ45分後が最大血中濃度となります。そのタイミングで性行為にのぞめるのがベストです。

水や白湯(ぬるいお湯)で飲む

レビトラを服用する時には基本的には何で飲んでもらっても構いません。しかし、できるだけ水や白湯(ぬるいお湯)にしたほうがいいです。水や白湯(ぬるいお湯)にして、胃腸への負担を減らすことができます。適量のお酒であればリラックス作用でレビトラの効果を促すことができます。アルコールの弱い人がレビトラと一緒に飲むと、レビトラの血管拡張効果によりアルコールが一気に回って倒れてしまう可能性があるため避けたほうがよいと思います。そして、グレープフルーツとED治療薬などの薬との相性はかなり悪く、副作用が強く出てしまう可能性があります。だから、グレープフルーツジュースでの服用も避けたほうがよいと思います。