レビトラ

レビトラは?

レビトラレビトラは2003年にアメリカで生産されました。市販で販売しています。日本では2004年に厚生労働省から許可されました。同年6月に発売されました。レビトラは始める販売するときに統一規格が5mgと10mgを生産されました。2007年20mgの高用量規格も販売になりました。

レビトラは、バイアグラとは含まれている有効成分が違う同じED治療薬です。レビトラの有効成分は「バルデナフィル」といいます。レビトラには、5mg、10mg、20mgの3種類の規格があります。でも市販で一般的に10mg、20mgの二つの種類が販売しています。各容量の錠剤1錠あたりに、規格分の有効成分「バルデナフィル」が含まれています。バルデナフィルの方が水溶性に富んでいるという点です。水に溶けやすく、身体に吸収されやすいという点がレビトラの特徴である「即効性」に寄与しています。

レビトラは、男性性機能の勃起不全や、勃起を持続できない方の治療を目的としたED治療薬です。外部からの性的な刺激および興奮により、男性器の自然な勃起を促し、持続力を保ちます。レビトラ10mgの効果持続時間は、空腹時に服用すれば最低5時間~6時間の効果がみられます。

当院はED治療専門クリニックでスタッフも全員男性です。院内処方ですから来院から10分くらいで処方は終わります。レビトラ10mgがバイアグラ5mgに相当します。女性看護師の立ち会いもなく、服を脱いだり下半身を直接診察することはありません。予約は不要です、初めての方も安心して気軽においでください。レビトラ処方には来院が必要です、メールや電話での処方はできません。郵送による医療用医薬品(医師の処方が必要な薬)の処方は違法です。

レビトラ

レビトラを服用後、 「紅潮感」「目の充血」の症状があらわれることが一般的な副作用としてよくあります。これらの症状は、お薬の成分が体に行渡り、効き目があられ始めている証拠だとお考えください。その他には、 「頭痛」「動悸」「鼻づまり」「光に過敏になる」などの症状が見られることがあります。これらの症状は通常4~6時間ほど待てばおさまりますが、万一に症状が改善されない場合は医師にご相談してください。

でもレビトラには、命にかかわるような副作用を持つ成分は含まれておりません。ただし、入手経路が不明な個人輸入で入手したお薬には、危険な成分が含まれている場合がございます。ですので、ご自身の安全を確保する上でも、正式な医療機関で医師の診断を受け、お買いお求めください。

レビトラを通販で購入し、失敗を経験される方が後を絶ちません。レビトラは処方箋医薬品ですから、医師から処方箋を出してもらっていない場合は服用できない規定となっています。また、レビトラに限らず、ED治療薬の通販購入には様々な危険が伴いますので、無謀な通販購入は避けるのが無難といえるでしょう。通販購入の問題点やレビトラの通販購入に潜む危険性についてまとめました。だから、お客様は購入するときに注意してください。

上記はレビトラについてことを紹介しました。お客様の症状によって商品を選んでください。もし、分からない場合は医者にご相談してください。まだ、インタネットで購入するときレビトラは正規品かどうか知らない場合、正規な専門店で買うほうがいいと思います。