ED治療薬

ED治療薬とは男性の性機能障害の一種です。それを改善するためにED治療薬も多数開発されています。

ED治療薬

ED治療薬の有効性は、80%以上のED男性の悩みを解決しています。この数字には、重度の疾患がある方も含まれておりますので、健康な方での有効率は、より高く95%以上になるのではないかと推測されます。当院でも、60歳の方が、『勃起力は中学2年生の時に戻ったようだ!』と表現される方もいらっしゃるほどです。薬をただ飲めばいいというものではなく、服用タイミングが非常に重要となります。 ED 治療薬は完全な空腹時に服用しなければ、その効き目は一気に下がってしまいますので、注意が必要です。

ED治療薬の安全性は心臓に負担かけるから危ない』『麻薬と同じで一回飲んだら飲まないといられなくなっちゃう』『飲んだら1日勃起しっぱなし』などとインターネットで一部言っている人がいますが、まったく根拠がありません。

ED治療薬は、体の血流を良くして、性器に血液が集まりやすくするだけのお薬です。麻薬みたいに、脳に働くお薬ではないので、薬を飲まないといられなくなるなどの身体的依存性はありません。

また薬が効いている間も、性的刺激がなければ普段通りです。でも、薬が効いている間に性的刺激があると、効果が発揮されて、あなたもパートナーもびっくりするほどの効果です。血流がよくなると、心臓に負担がかかると思う人もいるかもしれませんが、ED 治療薬を服用して普通の性行為をすることは、階段で1階~3階まで早歩きで上がるのと同じ位の心臓への負荷なので、普段通勤などで満員電車に乗っているなどしている方では、問題ないでしょう。

心臓に持病があるなど、なにか心配なことがある人は、問診の時に当院医師に確認してみてください。

ED治療薬の種類は日本で認可されている薬の主成分が、 シルデナフィルクエン酸塩(バイアグラ)、バルデナフィル塩酸塩(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)の3種類です。

1998年にアメリカのファイザー社から発売され、日本では1999年にED治療薬として正式に認可された最も歴史のあるのがバイアグラです。世界中で広く使用されているもので、レビトラ、シアリスと次々に新しい薬が開発され発売されてきましたが、認知度、利用者数ともにまだまだ不動の人気を誇っています。

そして、ついに日本国内にて2014年にバイアグラの特許が切れて各製薬会社から厚労省お墨付きのバイアグラジェネリックが登場しました。

いずれも有効性は高く、重篤な副作用もないことが分かっています。ただし、狭心症や心筋梗塞の治療などで硝酸薬やNO供与薬を使用している場合は、服用出来ないこともありますので、常用薬がある場合や既往歴は必ず医師に申告し、問題ないか確認してもらいましょう。